電動歯ブラシ デントール

歯周病対策のための電動歯ブラシはデントール

80歳の時点で20本の歯を残している状態が理想とされる、歯科医療界が推奨する8020(はちまるにいまる)運動については、あまりよく知られていないのではないでしょうか。

 

 

年齢を重ねると発症のリスクが高まるとされている歯周病ですが、実は近年は非常に低年齢化での発症が目立ち、なんと10代で歯周病を患っている人が多くなっています。

 

 

これはひとえに歯磨き不足および、歯磨きがきちんとできていないことによるものですので、歯磨きの習慣を見直す必要があります。

 

 

電動歯ブラシを選ぶ人が増えてきていますが、その中でも特に歯周病対策に焦点を当てるなら、歯周ポケットの中にたまった汚れも磨きだす電動歯ブラシ デントールがおすすめです。

 

 

普通の歯ブラシでは届かない歯周ポケットの中にまで届くよう、毛先が非常に細くなっているのですが、電動歯ブラシ デントールの画期的なところはそれだけではありません。

 

 

このブラシが水と一緒に先端から飛び出してくるので、清潔な水で洗い流しながら歯と歯茎の隙間をブラッシングできるのです。

 

 

先端のブラシはパルス水流の水圧で動くことから、歯茎と歯の境目にある歯周ポケットの中に入り込んでも非常に柔らかく動き、歯茎を傷める心配がありません。

 

 

広い面は普通にブラッシングをし、仕上げに歯周ポケットの掃除を電動歯ブラシ デントールで行えば、口の中の隅々まできれいにできるでしょう。